バタス-刑務所の掟

木下ほうかさんのブログで紹介されてたので、

読んでみたeye

バタス――刑務所の掟

内容は、

旅行代理店の日本人が、

フィリピンの刑務所に収容され、

プリズン・ギャングのコマンダー(刑務所内ギャングのトップ)になり…

と言ったような内容punch

オモシロそうでしょgood

…ただ感想としては、

最後の方がなんだかイマイチ盛り上がらずdown

でも、オススメの本book

 

この本を読んで以前、

嫁がフィリピン人と言う人に

フィリピンの裏街道の話を聞いたときに、

「マジか!?」と思って聞いていたけど、

確かにそんな状況であれば、

そういうことになるのかと、

納得できた。

よければ、読んでみればpig

タグ: , ,

コメントをどうぞ