9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

2011年10月17日

読んだ↓

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

「9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方」

結構前に本屋で見かけて、

その時一緒にいた会社の娘が、

「いとおカチョーが読んでるって話してた。」て言うもんだから、

じゃ、辞めとこって読まなかった本。

まぁ、その人については、

かける時があったら書こう。

したら、

会社の本棚にあったから、ちょっと拝借して。

まぁ、

会社側から見ても、

働く方から見ても、

理想って感じだな。

まぁ、あまり語ることはないな。

気になる人は読んでみて。

でもさ、

この本が置いてある会社が、

なんで、

あんな考えになるのかが不思議…。

おそらく、買って満足して、

読んでないんだろうな。

現状を見つめると、

それしか思いつかない。

バカの正体

2011年10月16日

今日は2冊。

これも、確か先月読んでた↓

バカの正体 (角川oneテーマ21)

テリー伊藤の本。

おもしろかった。

確かに、

この本に書かれてる

バカ!!!!

は、結構いるんだよね。

「なんでも感動したがるバカ」

「逆くに、と言たがるバカ」

「知識がありすぎるバカ」

「パーティーに最後までいるバカ」

「自分を露骨にアピールする結活バカ」

と、バカがたくさん出てくる。

読んでみ。

ホントこの世の中バカばっか…。

仕事をしたつもり

2011年10月16日

読んだ。

仕事をしたつもり (星海社新書)

帯に、

「12時間働いて仕事したのはたったの2時間!?」

のキャッチに惹かれて買ってみた。

まぁ、たしかに仕事の中で

「なにが無駄で、なにが大切か」(Zeebraばりの)が、

書かれてる感じかな。

無意味な仕事だったり、

エコだなんだで逆に、エコじゃないとか。

でも、

大体の会社は無駄が多く、

やはり改善は難しいよな、とも書いてあった。

んー、たしかに。

まぁまぁおススメ。

読んでみれば。

Page 5 of 25
« First
...
3
4
5
6
7
10
20
...
Last »